【実録】ワンオペ育児タイムスケジュール・新生児編

下の子も小学校に上がった今日この頃。

1人目が産まれたばかりで新米ママだった頃を振り返り、これまで長いようであっという間だったなぁと思います。

 

まだ赤ちゃんが産まれたばかりの新生児ママや、出産を控えた妊婦さん。

出産後、実家を頼れない事情がある方は、きっと不安の多いことと思います。

 

私自身、里帰りすることなく初めての育児に挑んだので、その不安はとてもよくわかります。

そして、脅かすようなことを言ってしまいますが、実際の育児は想像していたものよりはるかに大変でした(;´Д`)

 

しかしその経験から、ワンオペでの新生児育児は準備さえしっかりすれば、ハードルがぐんと下がるということに気付きました。

今日は、新生児のワンオペ育児に必要な準備と、実際私が生活していたタイムスケジュールから反省点等をお伝えしたいと思います(*^▽^*)

頼るあてがない…新生児をかかえてワンオペ育児することになった私

初めての出産の時、帰りし、出産後1ヶ月ほどは実家で過ごすことを選択する妊婦さんが多いかと思います。

しかし、様々な事情で実家に里帰り出来ない場合も。

 

私の場合、実父と夫の両親はフルタイムで仕事をしていましたし、実母(離婚して1人暮らし)はもともと入退院を繰り返しており、ちょうど妊娠中にも入院をし、出産後に頼ることは出来ない状況でした。

義母には仕事が休みの日に手伝いを頼み、夫はもちろん仕事の休みの日には協力してもらいましたが、それ以外の日は朝から晩まで1人で赤ちゃんの世話と、家事をしなくてはいけません。

 

産む前から怖気ついていましたが、それでも今思うと、自分は考えが甘かったと思います(;´Д`)

何せ、初産は産後の体がツラい。

産後10日以上、会陰の痛みで始終おばあさんのように小股でしか歩くことが出来ないし、座るのも困難でした。

(帝王切開ともなれば、術後の痛みはもっと続くと聞きます)

 

そんな調子で、家事をするのも大変な中、赤ちゃんは昼夜を問わず頻回授乳。

こんなに眠れないなんて…と、想像以上の辛さに思わず泣いた夜…( ;∀;)

実際のタイムスケジュールはこうでした

生後10日の日のスケジュールです。

  • 7:00
    起床(赤ちゃんに合わせて)
    授乳、おむつ替え
  • 7:15
    洗濯機回す①
    これだけはやらないと着替えが足りなくなる。 
  • 7:20
    朝食
    もともと適当。ゴハンにふりかけ等。
  • 7:30
    皿洗う
    赤ちゃんがぐずりだす。抱っこしたり、うんちが出たらおむつ替え。
  • 8:00
    洗濯機回す②
    大人と赤ちゃんで洗濯物を分けているので2回目を回す。1回目を干す。

    赤ちゃんが泣いてたら干すのは後回しに…

  • 9:00
    授乳
    眠そう。おむつを替えて授乳。
  • 9:30
    家事
    残りの洗濯物を干す。

    赤ちゃんが起きるまで、出来る限り食事の支度をする。(午前中から始めないと夜までに出来ない…)

    あとは前日の洗濯物を畳んだり…

    赤ちゃんが下すと泣く子だったので、半分以上は抱っこで終わる。

  • 11:30
    授乳
    赤ちゃんが起きたので授乳、おむつ替え。
  • 12:00
    昼食
    自分のお昼ご飯。毎晩おかずを多めに作っておいて、翌日の昼ご飯に。 
  • 12:20
    家事
    晩ご飯の準備の続き。サラダ等、事前に作り置き出来るものを準備。
  • 14:00
    沐浴
    日中の暖かい時間に沐浴を。(冬生まれ) 
  • 14:30
    授乳
    沐浴の後は授乳。良く寝てくれるので自分も一緒に昼寝。

    うまくいくと3時間くらい寝てくれる。

  • 17:30
    授乳
    赤ちゃんが起きたので授乳。
  • 18:00
    夕食準備
    出来上がったら1人で食べちゃう。

     

    赤ちゃんを愛でる(と言う名の抱っこ地獄)。

    寝てくれれば食器や調理器具を洗ったり。

  • 19:15
    夫帰宅
    食事を出す。 
  • 19:30
    風呂
    夫に赤ちゃんを託し、自分の入浴(シャワー)。
  • 20:00
    就寝
    赤ちゃんと寝室へ行き添い乳で就寝。
以後、夜間に平均3~4回の授乳、おむつ替え、ぐずり等があり、翌日へ続く。

ほんの一例ですが、基本こんな感じでした。

新生児のお世話と家事の両立のコツは

スケジュールを見て頂くとわかるように、とにかく最低限の家事しかしていません。

というか、出来ません。

これは、赤ちゃんにもよると思いますがうちの子の場合、抱っこ星人で、とにかく授乳で寝ても下すと泣き出すので、なかなか家事にあてる時間が取れませんでした。

ですので、赤ちゃんのお世話と家事を両立するために、とにかく家事を効率化することと、必要最低限のことしかしない!と決めていました。

 

掃除機なんて、毎日かけなくても大丈夫!と(^▽^;)

食事も効率重視

食事の準備は午前中からスタート。

とにかく、赤ちゃんがおっぱいを吸って居なくて、抱っこでもない時間は限られていたので、ごきげんだったり寝てたりしたらすぐ準備を始めました。

朝、1日分の米を研いで、昼に炊けるようにタイマーセット。

翌朝の分まで一気に炊いちゃいます。

 

味噌汁等、先に作っておけるものは、どんどん前倒しで作っちゃう。

 

メインのおかずも、野菜を洗ったり下ごしらえはしておく。

 

副菜は、作り置きも出来、火を使わないで済むので毎食のようにサラダでした。

ちぎって洗ったレタスを大きいボウルに入れ冷蔵庫に常備しておき、時間のある時にトマトや玉ねぎ、ハム等を切ってボウルに追加して、食べる時に小皿に取っていました。

飽きる??いやいや、この時期は食事はバリエーションを楽しむものに非ず。

ただ腹を満たす為と栄養を採るためのものです(`・ω・´)

 

夕食のメインのおかずは1人分多めに作り、翌日の自分の昼食にあてる。

 

良い母乳を出す為には栄養バランスも大切なので、食事に関しては手を抜きすぎも困りもの。

味噌汁を具沢山にして、サラダで野菜を取り入れることで、メインのおかずはお肉やお魚を焼くだけ、とかでOKとしました。

洗濯機は毎日回す

ただし、洗濯機だけは毎日かかさず回さなければいけませんでした。

スケジュールには入っていませんが、赤ちゃんはとにかく服をすぐ汚して着替えをします。

ウンチ漏れで着替え、おっぱいを吐いては着替え、と(;´Д`)

なので、毎日洗濯しないとすぐ着替えが足りなくなってしまうんですね。

実際にやってみてわかった、事前準備の必要性

ワンオペ育児は頼れるものをどんどん頼るべき!

今思うと、あれやこれや準備を周到にしておけば、新生児期をもっと楽に過ごせていたなぁと思います。

時短家電

特に思うのは、家電です。

我が家では用意出来ませんでしたが、洗濯乾燥機食洗機があれば、かなり家事に使う時間を減らせます。

 

正直、家事を減らして赤ちゃんのお世話だけに集中することが出来れば、新生児期は楽勝です。

ワンオペで新生児を世話するのなら、これらの時短家電は、可能なら絶対に買うべきです(`・ω・´)

食材宅配

普通にスーパーで買うより値は張りますが、最初の1ヶ月だけでもあると大助かりです。

もちろん、買い物に行かなくて済むっていうのも大きいんですが、

  • 食材が下ごしらえ済み!
  • 毎日の献立に頭を悩ませる必要無し!
  • 栄養士が考え抜いたバランス良い食事が採れる

といったメリットが。

 

私は、1人目の時は使わなかった(そもそも念頭になかった)のですが、2人目の時に一時期お世話になりました。

下ごしらえがないだけで、こんなに楽になるなんて…!と、感動ものでしたよ(* ´艸`)

 

経済的な理由で今は利用していませんが、月収があと数万上がれば利用再開したいですね~( ^ω^ )

 

私が過去利用した食材宅配はヨシケイです。

 

また、パルシステムの「3日分のおかず」(3日分の献立に必要なものが一気に届く)に、単品の食材セットを組み合わせるのもおススメ。

こちらはほとんどの材料が冷凍で届くので、使いきれず捨ててしまった…ということがないのが嬉しいです(*^▽^*)

周りの人の協力

これをどこまで確保できるか。

いえ、協力してもらえたらワンオペとは言えないんですけどね笑

でも今思い返すと、私は「全部1人でやるしかない」と思い込んでいた節があります。

 

「里帰りしない」という選択(というか選びようがなかっただけですが)は、「誰にも頼らず全てを1人で行う必要がある」のだと気負っていましたが、実際には、「当てにすまい」と思っていた義母(フルタイム仕事)が休みの日に来てくれ、洗濯や食事作りをしてくれたことがありました。

とにかく、あなたが神か…!ってくらい、助かりました(;´∀`)

 

当時高校生だった妹も、貴重なバイトのない日の放課後に来てくれ、夕食を作ってくれたり。

これも、本当に助かりました。

 

人が来てくれる時は、自分も遠慮せず赤ちゃんと寝室に引っ込んで休みました。(とにかく寝不足…)

 

短時間で全然いいので、手伝いを頼めるか?出産前からお願いしておきましょう。

 

でもやっぱり、誰も頼める人がいない…

 

という人は、家事代行サービスを利用するのも1つの手です。

こういったサービスは事前登録が必要なので、出産前に登録だけでもしておくと安心です。

 

お金はかかりますが、赤ちゃんのお世話と家事の両立は本当に、想像以上にしんどいです…

実際利用するかはともかく、保険のつもりで登録しておいても良いかと思います。

おススメは、継続利用の必要のない、単発利用が出来るcasyですね。

  • 最低2時間から!
  • 1時間当たり2190円!業界最安値水準
  • 利用日3時間前まで予約可!

最初の1ヶ月の間だけと思えば、多少出費しても利用の価値があると思いますよ。

 

それも無理…と言う場合は、究極、サバイバル的生活をするのをおススメします!

 

  • 食器は紙皿を使い、洗い物を出さない
  • 飲み物はペットボトル飲料
  • タオル類は使い捨てるつもりで薄い安いやつを大量購入(洗濯物軽減)
  • 洗った手を拭く、机を拭く等はペーパータオルやウェットティッシュを利用

一生この生活をするわけではありません。

エコじゃないですが、最初の1ヵ月だけのことと割り切って、使い捨て生活も選択肢に入れてみては。

新生児期はとにかくママが楽をして!

1ヶ月検診が終わると、赤ちゃんのお世話にも慣れ、気持ちにもかなり余裕が出てきます。

ママの体調も戻り、出産前と変わらない生活が出来るようになると思います。

(個人差はあると思いますが)

 

私の場合、最初の1ヶ月はとにかく記憶がないくらい、寝不足地獄だったなという印象なんですが笑

1ヵ月検診の日が近づくのを、地獄を照らす希望の光(笑)のように感じて過ごし、その光が強くなるにつれて徐々に普通の生活が出来るようになりました。

それまでは、当然のように毎日マタニティパジャマで1日中過ごしてましたよー!(^▽^;)

 

そして1ヶ月を過ぎると、赤ちゃんが起きてごきげんでいる時間がぐっと増え、ぱっちり目が覚めている時はにっこりしたりすることも。

その頃から、赤ちゃんを育てる幸せをめいっぱい感じ始めました。

(それまでは、本当に慣れないことの連続で疲れ果てて、可愛いと思う余裕はほとんどなく、「今日も無事赤ちゃんを生かすことが出来たな」としか思えなかった。笑)

 

それまでの1ヶ月、新米ママには、とにかく楽をして欲しい!

 

あの手この手を使って家事を手抜きし、赤ちゃんのお世話だけに専念し、空いた時間はなるべく体を休めて欲しい!

 

全部完璧にやる必要ないです。

というか、絶対にやらなきゃいけないのは赤ちゃんのお世話と、ママの体調回復させるために必要なこと(栄養取る、休む)だけですから!

 

初めての育児、不安に思うことも多いと思いますが、新生児って最高ですよ(* ´艸`)

この世界中の何よりも、良い匂いのする物体です笑

 

そんな赤ちゃんの居る生活を、最大限楽しんで下さいね!

 

あー、書いてたら赤ちゃん欲しくなっちゃいました笑

お腹に赤ちゃんのいる or 新生児を抱えているあなたが羨ましいです( ´ ▽ ` )ノ

(今、辛い人が居ても、いつか私の様に羨ましく思う日が絶対に来ます。断言。笑)

 

この記事が少しでもお役に立てたなら嬉しいです。では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です