ワンオペ育児で離婚…専業主婦には無理!と諦める前に。準備と現実【準備中】

ワンオペ育児は専業兼業問わず大変過酷な状態なので、ワンオペ育児を原因に離婚したいと思う人は多くいます。

私自身、過去に本気で「離婚したい」と切り出した3回中3回とも原因はワンオペ育児によるものでした。

(夫の浮気、生活費の使い込み等他にも離婚案件になりそうな出来事はありましたが、ワンオペのストレスは私にとって比べ物にならない程でした)

 

でも、いざ離婚となるとワーママよりも専業主婦の方が、ハードルが上がるんじゃ?と思いますよね。

まず何しろ収入がありませんから。

何をどうしたら良いのか調べる前から不安に感じるのも無理はありません(;´Д`)

しかし、専業主婦の離婚は決して不可能ではないと、私は思います。

今日は具体的に専業主婦が離婚したい場合、どんな準備が必要か?について、現実のシングルマザーへの援助や国の制度等を交えてお話します(*^▽^*)

専業主婦で離婚は無理?

まず、専業主婦で離婚するのは無理なの?というお話。

 

ワンオペ育児が原因で離婚を考える人というのは、その悩みは子供が乳幼児の頃から始まっていると思います。

でも、子供がまだ0歳児だったり、年少にも満たない年齢の場合、離婚はもう少し子供が大きくなってからの方が良いのでは…

と足踏みしてしまうことってありますよね。

しかし。

 

あくまで個人的な考えですが、ワンオペ育児が原因で離婚したいと思うなら、離婚は早ければ早いほど良いと思います。

ワンオペ育児で離婚したい人は急げ!決断は早い方がいいと思う理由

詳しくは上記の記事でお話していますが、子供が大きくなればなるほど離婚のハードルは上がります。

正直、幼児~入学前までに離婚出来ないと、そこから十数年は次のタイミングが来ないんじゃないかと思います。(実体験からの見解です苦笑)

つまり、子供が独り立ちした後ということですね。

 

もちろん、子供が小学生~高校生の間でも決定的な理由(DVや虐待等)があれば決断することが出来ると思いますが、そうでない場合「子供の生活の為には自分が我慢するしかない」と思ってしまうんです。

 

だから離婚したいと思ったら、そうなる前に行動すべき。

ただし、赤ちゃんを産んで半年未満の場合は母体が回復しきっていないことも多いですので離婚は難しいかなと、個人的には思います。

実家に頼って赤ちゃんを育てることに専念させてもらえるなら可能ですが、まだ赤ちゃんの月齢も低いですしそういう場合は旦那さんをイクメンにする努力の方が、離婚よりおススメかな。

ワンオペ育児で辛い…夫をイクメンに改造?ATMと割り切る?

 

ここまで読んできても離婚の意志が揺るがない専業主婦の方は、この先へお進みください。

専業主婦の離婚は準備が大事

とにかく、離婚後生活していくだけの基盤を作らなければならないのですが専業主婦の場合収入がありません。

そこで、自分の家に今ある財産に目を向けましょう。

 

結婚後に出来た貯蓄や得た財産は、名義がどちらであっても全て財産分与の対象となります。

専業主婦であっても、夫が得た収入で出来た貯金等の財産は、夫婦で作った財産だと捉えられ、基本的には財産分与は二分の一になります。

 

しかし、共有財産にはローン等の負の財産も含まれます。

住宅ローンや車のローンですね。

財産分与①持ち家の場合

専業主婦の場合、ローンの名義人は夫であることが多いと思います。

夫が家に住み続ける、車に乗り続けるのであれば財産分与には含めず、そのまま使い続けてもらえば良いことです。

 

しかし車はともかく、家族で住んでいた家は大抵の場合、離婚後の夫には広すぎますよね。

私は、妻と子供が住み続けるのもアリだと思うのですが(子供に少しでも環境の変化を感じさせない為にも)、それについてはローンの名義人である夫が納得するかどうかによります。

 

お互いの意見が折り合わなければ、家を売るという結果になりますね。

家の金額>ローンの残金であれば、家を売って残ったお金は財産分与すれば良いですが、問題は家の金額<ローンの残金だった場合。

ローンの残りは負の財産となり財産分与で自分が半分もつことになります。

 

こればかりは調べてみないとどうしようもないので、持ち家の方は今の家の価値を知るため、オンライン査定に出してみましょう。

 

toun life不動産売却

  • 完全無料!60秒でスピード査定
  • 不動産300社以上の登録!相場の比較・最高値がわかる

 

マンションの方は、売却と同時に賃貸に出した場合の査定も出来るこちらがおススメです。

 

マンションnavi

  • マンション売却の得意な不動産に厳選して比較
  • 売却価格だけでなく賃貸価格もわかる

 

ローンの残金が家の売却価格を上回る場合は、負の財産が出てしまうのが困りもの。

夫は住み続ける気がないみたいだし、妻の側が住み続けることも月々の支払い金額によっては難しい…

そんな時、「賃貸に出して家賃収入を得るのはどうか」と、査定結果を提案すれば、夫がローンを引き続き払って行くことに合意してくれるかも知れません( ̄ー ̄)ニヤリ

 

…そんなこんなで財産分与で数十万の現金が手に入るなら、新生活の準備が出来ると言えそうです。

 

が、財産なんてないよ!という家庭もありますよね。

我が家もそうです笑

賃貸住まいで、貯金もほとんどない場合

扶養的財産分与なんてものもありますが、そもそも財産や貯蓄がなければそんなものどうにもなりません。

ではどうするか?

 

それはもう、専業主婦をやめて働くしかないです。

ワンオペ育児が原因で離婚したいけど…思いとどまる理由は「お金」

こちらの記事で、専業主婦からシングルマザーになった場合の経済状況について試算しています。

職探し

離婚を決意していると、別居して住む場所をハッキリさせてから職探ししたいと思いがちですが、分けて受け取るべき財産がない場合はそうも言っていられません。

①子供が未就園、実家が頼れるパターン

このパターンに当てはまる人は比較的有利です。

職探しと同時に別居を開始することが出来ます。

婚姻生活が続いている間に得た収入は、どちらの名義であっても夫婦の共有財産として財産分与の対象になりますが、別居後に得た収入は基本的に財産分与の対象から外れます。

当面の生活を出来るくらい(最低50万くらい)の貯金が出来るまでは、実家に甘えさせてもらいましょう。

親がまだ働いていて子供を預けられない場合でも、住む場所があるだけでもとてもありがたい話です。

保育園に預ける他、親が帰宅後に育児を交代してもらい、数時間パートに出るという方法も取れますね。

 

②子供が未就園児、実家は頼れないパターン

まずは、保育園に空きがあるかどうかを調べる。

待機児童問題が叫ばれていますが、実際に自分の住む地域で保育園の空きがあるのかどうかは問い合わせてみないと分かりません。

空きがあればすぐに職探しを始めましょう。

 

空きがない場合、託児付きの仕事(ヤクルトレディ等)を探しましょう。

 

③子供が幼稚園、実家が頼れるパターン

実家が通園出来る範囲であれば、①の場合と同じように別居と職探しを平行して行えますが、それに当てはまらない方の方も多いですよね。

転園の必要があるとなると、気軽にとりあえず実家、とはなれないと思います。

 

延長保育や夏季保育を行っている園なら、それを利用して職探しを始めましょう。

そういったサービスがない幼稚園の場合、長期休みを利用して転園するか、年長さんなら小学校に上がるタイミングで実家に身を寄せることも考えましょう。

 

④子供が幼稚園、実家が頼れないパターン

こちらも上と同じく、延長保育や夏季保育を行っている園であれば利用しましょう。

しかし、延長のサービスを行っていない園の場合はどうしたらいいのか!

 

うーん、これは一番厳しいですね(;´Д`)

 

私はこの場合は、在宅で出来る仕事をするのがベターかと。

 

作業時間の割りに単価が安くて収入に繋がりにくい内職よりは、短時間で収入を上げやすいPCを使った在宅ワークがおススメです。

ブログ記事の作成や、数年前ドラマにもなった「校正」のお仕事等もありますよ。

記事作成

準備中

 

記事校正

準備中

また、人と話すのが苦手じゃない方はチャットレディもおススメです。

 

⑤子供が小学生、実家が頼れるパターン

 

実家が学区内であれば①と同じ様に職探しと別居を同時進行出来ます。

(別居後の収入は財産分与の対象外)

 

実家が転校が必要な場所にある場合、学童に空きがあるか確認し、あれば職探しを始めましょう。

学童に空きがない場合は上記の④と同じ様に、在宅ワークを始めて貯金を増やすのがおススメです。

 

やはり別居後に得た収入は財産分与の対象外になることから、実家が頼れる人は長期休みや学年が上がるタイミングで転校も考えましょう。

 

…とは言いますが、最初に述べたように子供が小学校に上がってしまうと離婚のハードルはぐんと上がりますので決断するなら小学校に上がる前にしたいですね。

ただ、子供にも悪影響が出る程夫婦の関係が悪い場合、実家が頼れるのなら転校もやむを得ないと私は思います。

 

⑥子供が小学生、実家が頼れないパターン

 

学童に空きがあるか確認し、求職を開始しましょう。

空きがない場合は、④と同じ様に在宅ワークを選択するか、平日の日中のみの働き口を探しましょう。

幼稚園よりは小学校の方が朝出るのも早く帰りも遅いと思いますので、働く選択肢も増えます。

飲食店などは、意外と土日や長期休みは学生さんが出てくれるので平日のみの主婦でも雇ってもらえることもありますよ。

私が深夜パートしていたファミレスでもそういう働き方のパートさんが居ましたし、ママ友の中には現在も平日のみで飲食店パートをしている人が数人居ます。

 

どのパターンでも、とにかく引っ越し費用と当面の生活費として、最低でも50万くらいの現金は手に入れておきたいです。

別居せず財産分与する場合は、夫婦で二分の一ですから100万ですね。

 

そう考えると、本当に実家が頼れるかどうかで離婚のハードルの高さは雲泥の差になりますね…(´・ω・`)

でもないものを羨んでもどうしようもないので、出来ることをしていきましょう!

 

家探し

実家に帰れる人は読み飛ばして下さい。

 

離婚後に住む場所を探す必要があります。

住居費はなるべく抑えた方が良いと思いますので、まずは公営住宅(市営や県営)に空きがあるか確認することをおススメします。

 

地域にもよりますが、母子家庭の場合1万~3万円くらいの家賃で住むことが出来るところが多いようです。

民間の賃貸に比べて、破格の値段ですよね。

 

公営にしろ民間にしろ、現在無職で部屋を貸してくれるところはまずありません。

なのでまずは、仕事を見つけることが先決になります。

 

が、もし子供が未就園なら、仕事と住居をいっぺんに見つけられる地域へ移住することも1つの手です。

母子家庭の移住を支援する制度のある自治体があります。

こちらのページで、地方移住支援をしている自治体の紹介がありましたので参考にしてみては。

参考記事のタイトルとURLを入力してください

ほうほう…引っ越し費用の負担家賃補助進学費用を無利子で貸し出しなんてところも!

新天地で人生をリセットというのも、ありかも知れません。

 

映画「おおかみこどもの雨と雪」みたいですね。

弁護士に相談?

財産分与や、話には出しませんでしたが婚姻費用(生活費)の負担、そして養育費のことなど、離婚にはお金についての多くの問題がつきものです。

ただでさえ日々のワンオペ育児で疲れ切っているのに、これらの話し合いを進めて行くのは苦痛ですよね…

弁護士に相談すれば、話し合いは全て肩代わりしてもらえますが、費用がかかります。

 

専業主婦でこれから収入を得ていかねばならない時に、高額な弁護士費用を払えるはずありませんよね。

そのお金があるなら、もうとっくに離婚に踏み切っているでしょって笑

 

弁護士を雇ってお金をかけなくても、養育費の取り決めも公正証書の作成も、全て自力でやることは可能です。

しかしそれには、正しい知識が必要ですよね。

私は結局、前述のようにタイミングを逃して離婚はせずにここまで来ましたが(次に機会が来るのは、熟年離婚と呼ぶころかな…)、いつどんなキッカケでまた離婚したい気持ちが大爆発することがないとは限りません。

 

正しい、そして必要な知識を得て居たいので、私が選んだ選択がこれです。

ご紹介準備中

今すぐ離婚したい人にはもちろん、そうでなくても離婚が頭をよぎった方なら間違いなくためになるお話ですよ!

弁護士費用を払うより何分の一も安く、必要な知識を得ることが出来ます(`・ω・´)

私もこれを心の支えに、いざとなったらしっかり養育費を受け取る構えです!

専業主婦の離婚は冷静な判断と徹底した準備を

専業主婦の離婚について、諦める前に出来る準備として

  • 実家に帰れるならまず別居
  • 仕事を始める

ことが必要だとお話してきました。

そして、住む場所については公営住宅の他、母子家庭を誘致している自治体もあることをご紹介しました。

 

いくら離婚は可能だと言っても、準備不足では自分も子供も不幸になってしまうかも。

専業主婦の離婚は準備が肝です。

徹底的にやりましょう!

 

…余談ですが、確実に離婚したい人は準備もひた隠しにするのが良いと思いますが、夫が態度を改めてくれるなら離婚しないかも…と思う人は準備をあえておおっぴらにしてみて下さい。

変化を嫌うタイプの男性の場合、妻が離婚の準備をしている!と思っただけで急に態度が変わる場合もあります。

丁度このマンガのように…(笑)

離婚してもいいですか?祥子の場合

 

そういう変化って上辺だけなので長くは続かないですけどね。(実体験からの見解その2)

 

以上、専業主婦が離婚したいと思ったらすべき準備についてお話してきました。

少しでも、お読み下さった方のお役に立てたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です