10月18日(日)

伊那谷子育てフェス2015

10_18
開催時間:9時~17時(一部ブースは10時~17時)

子ども来場特典
kosodatechirasi
イベントのチラシを持参して来場した子どもたちには、ジュースとお菓子をプレゼント!
※イベント各日とも、1日1回有効

特設ステージ

・元気な女性たちの大交流会
008355

・きのこ姫スペシャルステージ
色修正版

屋内ブース

・春近そばの会(そば打ち実演)
127105

・きのこ姫+もえしょくプロジェクト(グッズ販売)
moeshoku01 naganomoeshoku01

・きのこ王国のようかいを探せ!
252504

子どもマルシェ(17日のみ)

屋外テント

・「田楽座」和太鼓体験

田楽座は1964年10月、民俗芸能を舞台創造の柱に据えた劇団として信州は伊那谷に誕生、創立51周年を迎えました。地元の祭り衆から手とり足とり芸能を教わり、古老から昔の暮らし向きの話を聞き、民俗芸能の中に脈々と流れる明るさ、強さ、美しさをどうしたら表現できるかを追求し、民俗芸能の持つ生命力に助けられながら舞台創りをしています。

長野県内のみならず県外での地域公演へと活動の幅を広げ、保育園や各学校の公演、地域のイベント、結婚式や敬老会・新年会等の出演も行い、日本各地の公演で熱烈なファンの支持をいただいています。

また、夏に開催している太鼓や踊りの講習会「でんがく寺子屋」や出張講座、祭り興しの手伝い、お囃子の採譜、作曲なども行っています。

みずみずしい生命力あふれる田楽座ならではの、魅力たっぷりの舞台。

多くの人と夢を語り、学び、豊かで希望の持てる”ふるさと”を築く仕事。dengaku3dengaku4

たくさんの夢とともに大地の鼓動を舞台にのせて、ふるさとの香りをみなさんのもとにお届けします。
dengakudengaku2‚¨‚܂‚è1

・自然の木で大きな動物を作ろう(クラフト体験)
195005

・元気な女性たちの大交流会
008355

・農業女子プレゼンツ「軽トラ展示会」
最終4-9週刊いな0910

■狩りガール

・けもかわプロジェクト https://www.kemokawa.com/

『けもかわ』は、けもの(獣)かわいい(可愛い)、けもの(獣)かわ(皮革)2つの意味が込められてできた言葉です。けものも同じ命を持ち、それぞれに違ったストーリーを持って生きています。
けものたちは有害鳥獣として年間何十万頭も捕獲されその大半が埋められているのが現状です。
もったいない。命を大事にしたい。暮らしの中で生きるモノにしたい。
そんな想いを伝えるために女猟師の視点からはじめました。
けものたちの命がみなさんの暮らしの中で生きるモノになるよう願いを込めて。kemokawa1 kemokawa2

■鹿革女子

・NPO法人やればできる http://yarebadekiru.org/

鹿革を使った製品は、非常に軽く、通気性も良く、伸縮性もあり、そして、耐久性にも優れていて、いつまでも使い続ける事ができる。
それが、鹿革です。
古来、ネイティブアメリカンが生活のために鹿革を利用していました。
日本でも、古来より武具等として使われています。
鹿革の持つ強靭さとしなやかさは他の動物には無い、非常に優れた特徴です。
信州の大自然を飛び回る鹿の革を使用しています。shikakawa1 shikakawa2

■ジビエ女子

信州ジビエ研究会 http://www.shinshu-gibier.net/

長野県内の野生の獣を食肉として活用して地域振興に役立てるために、信州ジビエに係わる事業者、研究機関、行政などの情報交換と連携により信州ジビエのブランド化を目指した総合的なジビエ振興を行うために、平成24年3月26日、信州ジビエ研究会を設立しました。
「ジビエといえば信州」を目指して、民間事業者、研究機関、行政が力を合わせて活動しています。

 

「信州鹿肉カレー選手権」(仮)

今回は長野県内で作られた鹿肉カレーを一同に取り揃えました!
それぞれに味わい深いカレーの味比べを楽しんでください!
http://www.jingisu.com/shop/contents?contents_id=179010
curry1curry2curry3curry4curry5

 

■山肉女子

肉のスズキヤ http://www.jingisu.com/

昔から鹿角は細工物に使われてきました。今回約50頭分の細工物用の鹿角の展示即売会をします!
50頭分の鹿角は、見るだけでも圧巻です!
また、来年の大河ドラマ「真田丸」の主人公・真田幸村のカブトにも鹿角が使われていました。
ひょっとして来年は鹿角が注目されるかも???yamaniku

■きのこ女子

きのこや松下 松下淑子、朱里さん http://hanabira-take.co.jp/sample-page.html

はなびらたけで日本中を美味しく元気に!
はなびらたけ生産・直売「きのこや松下」からお届けします!
きのこや松下は、きのこ製造一筋45年の経験と長年の研究成果をもとに、栽培が難しいと言われている「はなびらたけ」の自社生産に成功しました。
全国の皆様にはなびらたけを美味しく味わっていただくためにネットショップで直売したり、農産物直売所などに卸をして、販売しています。
hanabira1hanabira2hanabira3

 

■手仕事女子

「籠細工、プリザーブドフラワー」
エコクラフトバンドで創る籠。 自分の好きな色を使ってオリジナルの小物を作ってみませんか?プリザーブドフラワーは贈り物にも最適。 生花そのままの彩で、瑞々しいやわらかい質感。普段の生活に色を添えてみませんか?

カラーセラピーで自分を知るチャンス。 今の自分、本来の自分 色々な自分がみえてきます。自分探しのきっかけになります。

■農業女子 知久農園(喬木村) 知久万寿美さん

3代目の創意工夫で愉快で楽しい農園に 知久農園
果物の宝庫 南信州・喬木村の果樹専門農家
中央アルプス・南アルプスに囲まれた自然環境に恵まれた南信州。

南信州の河岸段丘がもたらす寒暖差、昼夜の大きな気温差、長い日照時間が、
果物にギュッと旨みを与えてくれます。
知久農園は、天竜川を望む河岸段丘、標高500m弱のなだらかな丘で、

昭和5年、知久末吉が開墾して林檎を植え、以来85年、果樹一筋。
南信州特産の林檎、梨、桃、干し柿「市田柿」に加え、

3代目園主が3年前からイチゴの栽培をはじめました。
出来る限り化学・農薬と無駄を無くして地球にも自分にも優しい農家になりたい。

生きてる、生きるっていいなぁと思える農家をしたい(^^)

そう思いながら、創意工夫、試行錯誤を重ねる毎日です。
itigoitigo2

知久農園収穫のイチゴを100%使用したイチゴのソルベ
今回のフェスティバルに用意させていただくイチゴのソルベは限定100食。

なめらかな口どけのシャーベットの中にイチゴの甘さや香りが豊かに広がります。
飯田市鼎のカフェレストラン、ココットのママが、知久農園のイチゴの特性を最大限に活かして作り上げたオリジナルレシピ。※今回はカップでソルベのみの販売になります
たくさんの皆さんに召し上がっていただきたいのですが、

この春に収穫された知久農園のイチゴだけを使いたいので100食のみ!!
itigo3

ほかにも、今が旬の林檎「シナノスイート」と、「こうたろう」!
「シナノスイート」は長野県で育成登録された林檎3兄弟(秋映・シナノスイート・シナノゴールド)の次男。

「ふじ」と「つがる」を交配して作った品種で、近年その上品な甘さで、全国の市場や消費者から最も注目されている林檎です。

「こうたろう」は、程よい酸味と甘みがあり、香りが良い林檎で、盛岡で多く栽培されています。
「ふじ」と「はつあき」を交配して作った品種で、日本人に愛されてきた懐かしい味です。

http://homepage3.nifty.com/malus~pumila/appls/koutarou/koutarou.htm

実は、知久農園三代目園主の長男(幸多朗11才)誕生の際に植樹した品種で、思い入れも強い林檎です。

県内では、あまり多くの農園では手がけていない珍しい品種ですのでぜひ味わってくださいませ。

■北沢峠 こもれび山荘 https://www.facebook.com/komorebisansou.southernalps

標高2033m 北沢峠に建つ「北沢峠 こもれび山荘」は
南アルプスの玄関口です。主に「仙丈が岳」「甲斐駒ケ岳」の登山基地として
利用され、毎年多くの登山者を迎え入れています。
単なる宿泊施設としての枠を超え、市外、県外のお客様に伊那を知ってもらうきっかけとなって頂けるように、伊那の食材や地酒の提供を行っています。
komorebikomorebi2komorebi3

www.facebook.com/komorebisansou.southernalps
http://www.ina-city-kankou.co.jp/cms/modules/tinyd9/?id=2

■ひなたや 中村美紀さん 

つぶつぶマザー/村上美保 https://tubutubu-cooking.jp/schools/detail/24

つぶつぶ料理コーチ/中村美紀 https://tubutubu-cooking.jp/schools/detail/10

つぶつぶHP http://tsubutsubu.jp
tubutubu

「つぶつぶ」は雑穀の総称です。(著作権/つぶつぶ)
普段は、村上は安曇野、中村は伊那で、つぶつぶ料理と、つぶつぶ流生き方を自ら実践&広めるために、セミナーや料理教室をそれぞれ開催しています。
今回は「つぶつぶ広め隊」として、雑穀スープの試食、書籍及び栽培者ネットの雑穀や地元産雑穀の販売を行います。
「つぶつぶ」料理教室は、私たちの仲間が全国で展開しています。お米に混ぜたるだけではない、雑穀の食べ方を学んでみませんか?体がポカポカ、心も前向きになります!

■助産師 上伊那助産師会さん

■サバイバル飯炊き体験
身の回りの物でこんな即席コンロも作れる!ごはんが焚ける!
アルミ缶を利用した体験。安定した炎で小鍋程度の水なら5分で沸騰させる事が出来ます。優れものです。
こういった体験から、ご家庭で非常持ち出し品や備蓄品を見直したりして、災害にたいする心がまえを!

災害時には日頃学んだ知識や経験が活きてきます。

講座を開催するのは・・・防災プロジェクト『サバ塾』!

・背景

日々災害リスクが高まっている一方、一般に防災意識の向上は進んでいない状況があります。市民の防災意識向上を目指すには、今までの様な行政主導の啓発活動には限界があり、市民が主体的に取組む活動が必要です。

・目的

子供たち(その親や一般の社会人含む)に〝正しい身の守り方〟を教え、対応力のある人間に育て、地域社会へ送り出す。子供から家族、家庭から地域へと防災意識向上を目指す。

・活動内容

南信州の大自然を活かし、遊びを通して、防災・防犯に特化したサバイバル術を体験してもらい、楽しく〝身を守るための知識・技術〟を身につけてもらう。

スタッフ・講師に、防災士・消防士・看護師・保育士・調理師・その他専門職を揃えて(一緒に活動してくれる一般の方も広く募集)それぞれの専門分野を活かした指導を行う。

・現状

防災士1名、消防士1名、看護師2名、サポーター1名で活動開始。

今後、様々なイベントを企画、他団体との交流も含めてサバ塾の活動を周知していく。

*パラコードブレスレット。パラシュートの紐でつくったものです。
para
災害時、役に立ちます。また、防災への意識が高まります。
子どもたちが自分でも作れるので、ブレスレットづくりの体験ができるようにします。

ストライダーコース
アドベンチャーロゴ

通常営業中!! ※試乗体験会は、10月24日です。

パネル展示

・伊那谷の子育て、移住、観光などに関するパネル展示
(長野県、上下伊那の市町村、各種団体等による展示)
img05

・ミヤマシジミ保存会
miyamashijimi1

・県内のスキー場紹介
203470

10_18